半蔵門線徒歩

最近ちゃんと書いていませんでしたが、先週の土曜日にはメトロの半蔵門線を歩きました。渋谷駅から押上駅まで。線路の距離で 16.8 km 、歩きの距離で 18.7 km 。

いい加減見飽きた渋谷駅よりスタート。後で気がついたけど、今回で渋谷駅を通る路線をコンプリートしたみたい。
表参道駅青山一丁目駅は銀座線と共通なので歩き済み。
さらに既訪の永田町駅に近づくと、なにやら警官がいっぱいいた。なんだろうと思っていたら、永田町を過ぎたあたりで右翼の街宣車がいっぱい走っていたので、たぶんそれなんだろう。
ここから皇居を北から回り込む。オフィス街っぽいところを抜けると麹町に入り、半蔵門駅。東京の千代田区にこんな普通の街が、という感じの普通の街っぽく感じた。
靖国神社の前に出て、靖国通りを歩くとすぐ九段下駅。これも歩き済み。次の神保町駅も歩き済み。
皇居の東に出て、気象庁とかがある官庁街っぽい町になって、大手町駅。丸の内線で来たばかり。東京駅の北側を通って三越前駅。ここも歩き済み。
水天宮前駅は初めて。東京シティエアターミナルなるものが隣接していて、昔はここで搭乗手続きや出国審査をしていたらしい。知らんかった。
隅田川を渡って、清澄白河駅大江戸線で歩き済み。江東区の下町ゾーンだけど、ここはまだ比較的きれいな気がする。一方住吉駅は汚かった。新宿線で歩き済み。
人がいっぱいの錦糸町駅 (総武線で歩き済み) を通り抜けて、押上駅 (京成押上線で歩き済み) で終わり。


初めて見た駅は 2 駅だけで、目新しさはないけれど、わりと東京の要素を押さえた路線だと思いました。